コロナ禍の中での表具屋は・・・

表具の材料屋さんに聞くと、全国の表具店はどこも忙しくしているとのことです。

コロナ禍で外出もままならず、家の片付けなどをして古い掛軸を見つけて、この機会に修理してもらおうと表具屋に持っていくと言うことらしいです。

耕美堂もご多分にもれず、通年より修復の数が増えております。
その分、展覧会・書道展・文化展が軒並み中止とあって、そちらの仕立ては激減ですが・・・。

本来は、この10月から年末までは仕立てがガンガン入ってくる時期なのですが、どうなることやらですね。

もし暇になったら、表装動画をどんどんアップしていきますので乞うご期待です!!

画像の説明 画像の説明

コメント


認証コード0949

コメントは管理者の承認後に表示されます。