「雲破月来池 」

こちらは平成4年に書かれたにしては痛みが酷いですね。
紫外線が当たるところで掛けっぱなしになっていたのでしょう。
掛軸は掛けっぱなしが一番痛みますのでお気をつけくださいませ。

さて、なんと書かれているのでしょう?
禅語のようなので調べてみますと、『雲破月来池』と書かれております。
読みは、「雲破れて、月、池に来たる」
意味は、「雲が開いて、美しい月が池に映る」
解釈は、「煩悩の雲が晴れて悟りを開いた状態」
・・・深いですな〜

画像の説明 画像の説明

コメント


認証コード6515

コメントは管理者の承認後に表示されます。