いい人に交わっていると良い結果に恵まれる

またまた難しい書がやってまいりました!
半切を横に並べて全紙サイズで掛軸に仕立てて、とのご依頼。

画像の説明 画像の説明

一体、なんと書いてあるのでしょうか?

早速調べてみますと、

右側の書は、多逢聖因 (たほうしょういん)と出ました。

意味はというと、
「いい人に交わっていると良い結果に恵まれる」

「人間はできるだけいい機会、いい場所、いい人、いい書物に
会うことを考えなければならない。」

なるほど良い言葉ですね!

左側の書は?
「初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香」

「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」

そうです。
新元号「令和」の典拠となった、万葉集の一文ですね。

コメント


認証コード1385

コメントは管理者の承認後に表示されます。