アイロン裏打ち、霧吹きの水分量の調節の動画アップしました。

小さい作品の裏打ちは問題ないようですが、半切(135cm×35cm)サイズのアイロン裏打ちとなると、シワが出て失敗してしまうという声が寄せられます。

詳しく聞いてみますと、どうも、霧吹きの際の水分量がよくわからないということのようでした。

そこで、新聞紙を使って、余計な寸分を吸い取ってしまいましょうという動画をアップいたしました。

どうかご参考になさってください。
こちらです。

コメント


認証コード1884

コメントは管理者の承認後に表示されます。