千字文(せんじもん)の軸仕立て

書道に足を踏み入れた方にはお馴染みの、お手本としても有名な千字文(せんじもん)ですね。

画像の説明


Wikipediaによりますと、
南朝・梁 (502–549) の武帝が、文章家として有名な文官の周興嗣 (470–521) に文章を作らせたものである。
1000字の異なる漢字を使い、250の4字句からなる韻文で構成されている。
と、ありますが、ではどんな意味なのでしょう?

昔、書物で調べた資料がありますので、参考のために添付いたします。
スキャン

スキャン 1

スキャン 2

スキャン 3

スキャン 4

スキャン 5

スキャン 6

スキャン 7

スキャン 8

スキャン 9

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード2950

コメントは管理者の承認後に表示されます。