主婦の店 さいち のおはぎ

主婦の店さいち
商工会の勉強会で仙台市秋保温泉の主婦の店 さいちの社長の講演をを聞いてきた。
一日に5000個を売り上げるおはぎがどのようにして開発されたか。
彼岸の中日には20000個売り上げる。
一店舗だけでである。
78歳になる社長、2時間半、立ちっぱなしの熱弁には恐れ入った。
自分の考えが間違ってないことが再認識された。

コメント


認証コード2396

コメントは管理者の承認後に表示されます。